ー 2020 ラブピース

ポップで楽しい安齋画伯ワールド。
映画監督、イラストレーター、アートディレクター、

ソラミミストとして活躍する、安齋 肇 画伯の

思わず顔がゆるんでしまうポップで楽しい作品の数々。
新宿伊勢丹限定で特別に書き下ろした原画が
今回も出品され、さらには新作のジクレーも発売予定です。 

 

「誰もが優しく明るく楽しくなれる。」

そんな安齋画伯のセンス溢れる作品を、

是非この機会にご覧下さい!

安齋 肇 原画版画展

作品​タイトル:「ラブとピースと(2020)」

《展覧会によせて》

あんざいはじめでございます。
いつもありがとうございます。
とてもうれしゅうございます。
へいわなきもちでかきました。
いっしょけんめいかきました。
わたしたちのあいのためにと。

​会場SNS

​電話番号

会 場

​展覧会名

日 程

​地 図

安齋 肇 原画版画展

​ー2020 ラブとピースと ー

1/15(水)~1/21(火)

新宿伊勢丹本館 6F

アート&フレーム

03-5379-2094

《安齋 肇 作家略歴》

1953年生まれ。

東京都出身。東京 150 年記念「カッパバッジ」、JAL「リゾッチャ」 、NHK「しあわせニュース」など、イラストレーションを中心に様々な活動をしている。 Eテレで放送中のアニメ「わしも」では原作キャラクターのデザインや声の出演もこなす。

また音楽関連のアートディレクションのみならず、監督した映画「変態だ」は韓国富川国際ファンタスティック映画祭にて審査員特別賞を受賞。

1992年よりテレビ朝日系「タモリ倶楽部」空耳アワーでは“ソラミミスト”としても出演。

東京イラストレーターズソサエティ会員。

​作家HP

「ハトとスター #05」

「ハトとスター #03」

「ハートをキャット #02」

「ハートがオウル #04」

「ハートがオウル #03」