アート*ワンダーランド

-肥塚毅・キシモトマイ・佐久間一行 三人 展-

「アートとは自由で、楽しくて、不思議で、わくわくするもの」
活動内容もアートとの関わり方も異なる三人の、見るものを異世界(ワンダーランド)へ誘うような作品の数々をご紹介いたします。

それぞれの個性が共存する、アートならではの自由で楽しい空間の中に迷い込んでみませんか?

koeduka_art.jpg

上:肥塚 毅「UNTITLE」アクリル

右上:佐久間 一行「くるっとさんぽ」ジクレー

​右下:キシモトマイ「さぁー、吠えなさい」ジクレー

sakuma_art.jpg
kishimotomai_art.jpg

​会場SNS

​電話番号

​地 図

会 場

日 程

​展覧会名

アート*ワンダーランド

2022/3/23(水)~3/29(水)

新宿伊勢丹本館 6F 1番地 アート&フレーム

03-5379-2094

Line-icom.jpg

■ 肥塚 毅 Takeshi Koeduka

1955年 広島県尾道市に生まれる
1981年 文化服装学院デザイン科を卒業。

    ファッションデザイナー及びプランナーとして、

    ファッションビジネスに携わる。
1982年~絵画・彫刻のアート作品制作を始める
1985年 パルコ主催・オブジェ展にて入賞、装苑賞にて候補入選
1987年 アキライケダギャラリー名古屋 (ペインティング)
1989年 アキライケダギャラリー東京 (廃材による立体)
1991年 グラフィックステーション:原宿&渋谷&池袋にて個展を開催。

    他にも「APJ アートプリントジャパン」「渋谷ロフト」でも

    個展を開催している。
1994年 渡米。ニューヨークにて制作活動を行う。
1998年 帰国。アート作品の制作に加えてCG作品・ファブリックを使用した

    彫刻を制作、インターネット関連の仕事を始める。
2008年 4月、個展「ぬの彫刻(アキライケダギャラリー)」を開催。

    ECサイト「ヌーノハリート」を起ち上げ作品のプロデュースおよび

    制作を行う。
2009年 カスタムマニー・コンテスト(KID RODOT NY & MoMA Store にて入選。
2012年 ロックチュールの活動に参加
2013年~絵を描くこと以外にデニムを使用した彫刻・iPhoneカバー・

    ダメージジーンズ・染め物などの制作を行っている。

■ 佐久間 一行 Kazuyuki Sakuma

1977年 茨城県水戸市出身
    よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 東京NSC2期生
2011年 R-1ぐらんぷり優勝
2015年 1月~8月「ふでばこ君」Twitterに投稿
2017年 絵本「ふでばこ君」幻冬舎より出版
2018年  「佐久間一行ぜんぜん大変じゃないアドベンチャーアート展 」有楽町マルイ (東京)
2019年 「佐久間一行ぜんぜん大変じゃない海の冒険」有楽町マルイ。 (東京)岡山県玉野海洋博物館 (玉野市渋川)の特任ディレクターに就任

誰が見てもほっこり笑えるネタの世界観が多くの人に親しまれ、単独ライブを行えば毎回即完売のピン芸人。かわいいキャラクターのイラストを描くことでも定評があり、オリジナルグッズを多数発売。ルミネtheよしもとのキャラクター「ルミにゃん」をデザイン。

■ キシモトマイ Mai Kishimoto

1980年 名古屋生まれ  
1999年 NSCの養成所に通い始める。  
2000年 東京NSC5期生吉本興業芸人デビューし、数々のメディアや映画に出演。
2011年 企画で絵を描き好評だったことがきっかけでクレヨンで絵を描き始める。
2014年 よしもとアート展に出展
2016年 初個展「キシモトマイ個展」cafe na.(原宿) 
2017年 2回目の「キシモトマイ個展」を開催。青枢展にて優秀賞を受賞。