池永 康晟 作品

第二弾ジクレー発売決定!

ご好評を頂いた第一弾に続き、ジクレー版画第二弾のリリースが決定!!


空前の美人画ブームの中、夢二、松園、清方、深水以降絶えて久しかったこのジャンルに、新たな風を吹き込みつつ復興させた池永康晟。

現代美人画の第一人者として活躍する本画家の、待望のジクレー版画第二弾のリリースが決定しました!

 

色校正を何度も重ねてこだわりの色彩を再現したこの貴重なジクレーは、全国のAPJ店舗にてお求め頂けます!

詳細については、03-3904-3561 までお問い合わせください!!

《作家略歴》
1965年、大分県津久見市生まれ。 

大分芸術緑丘高校 美術科卒業。
亜麻布に岩絵具を用いて描く「美人画」は、
独自の質感を持つ。 
スペイン、アメリカ、イタリアでの装丁画、ドイツでのラムダプリント、ロシアでの文具デザイン。
国内では、AKB48の横山由依写真集へ作品描き下ろし、浮世絵版画、ラブドールとのコラボレーションなど異色の展開をみせ、現代美人画シーン牽引する。

漣・沙月

​作家HP / SNSサイト ---------------------------

ゆこう二人で目指した場所へ
山を越え、森を抜け、河に降り、
海面(かいも)に流る
寄せては揺れる漣に、
息を合わせて揺蕩む儘に
引いては揺れる漣に、
息を合わせて揺蕩む儘に

額装上代:103,000円(税抜) イメージサイズ:580×325mm 額装サイズ:700×435mm

蝋燭・潮騒・真喜子

ねっとりと痙攣する漣に死んだ海月が浮いている。「死んだ海月も刺すかしら、私の身体は痺れて海の底に沈むのかしら?」そう云って君は、伸ばした指をゼラチンに押し当てる白い指が血で汚れぬかと凝視する。潮と湿りを孕んだ風が私を痛めつける漕いでも漕いでも、暗く冷たい水面だ。「もふ帰ろう、私の部屋で君を描こう」

額装上代:55,500円(税抜)
イメージサイズ:425×295mm

額装サイズ:340×490mm

爪染・愛花

爪に触ればどうしてか思い出す人がある。明日逢う人を想うて、爪を染る。それに接吻したその人の、吐息の湿りを塗り込める。亜熱帯の宵闇に赤い血豆が僅かに灯る。

額装上代:74,200円(税抜)
イメージサイズ:425×295mm
額装サイズ:550×400mm

気圏・光里

気圧はみるみる下がって、嫌な頭痛がした。「さようならを言いに来たんだね、そうなんだね」私は細い肩に向かって詰問した。低気圧が育てた樟脳の小枝のように、あまりにも細い悲しい肩だった。

水瓜・樹子

「水瓜の種を飛ばしたら思い出が出来てしまう、夏の度に思い出を待つのは寂しいのでしょう?」そう呟いて君は頬杖をついた。

額装上代:56,200円(税抜)
イメージサイズ:295×300mm
額装サイズ:420×410mm

額装上代:52,500円(税抜)
イメージサイズ:300×250mm
額装サイズ:425×360mm

金枝・沙月

​※各作品の下にグレーの文字で入っている文章は、作家の作品に対するコメントです。

※イメージサイズとは、実際の絵の大きさです。

※表記の額装上代は参考価格です。

※額の仕様により価格、額装サイズが変わる場合があります。

※額装上代は全て税抜きで表示しています。

屹立した崖の麓に秘なる金枝が茂っていた。森には既に王があった。新しい森の王になるには二つの儀礼があった。

一つは金枝を手折ることであり、二つは森の王を殺害する事だった。

額装上代:55,500円(税抜)
イメージサイズ:380×230mm
額装サイズ:500×340mm

池永 康晟 トークショー開催!

『日本画家が描く美人画の世界』の発売を記念して、4月5日、芳林堂書店高田馬場店で池永康晟画伯と丁子紅子画伯のトークショーが開催されました。
美人画やジクレー版画作品についての話を中心にトークショーは行われ、終了後にはサイン会も開催。
美人画界で大注目の二人の画家による、
貴重な機会となりました。