Joanne Isaac Exhibition

繊細な優しさと洗練された作風で人々を魅了しているジョアン・アイザック。

伝統的な技法を守ったエッチングプリントで創るその作品は、日本はもちろんの事、アメリカ各地、ヨーロッパ各地で展示され人々を魅了し続けています。


そのこだわりの手仕事をご覧頂くチャンスです。是非この機会にどうぞ!!

​会場SNS

​電話番号

​地 図

会 場

​サイン会

日 程

​展覧会名

​展覧会名

日 程

会 場

​地 図

​電話番号

​会場SNS

回顧展

12/4(水)~12/17(火)

神戸大丸 7F

アートステーション

078-321-0028

ジョアン・アイザック

Joanne Isaac

《作家略歴》

アメリカ出身。版画家。
芸術一家に育ち、パーソンズ・スクール・オブ・アートとイエー ル・スクール・オブ・ファインアートに学ぶ。イエール在学中に当時法学部の学生であったチャールズ・アイザッ ク氏と知り合い、結婚。


氏の作品はイメージの制作から銅版の彫り、プリントまで全工程を 一人で行っており伝統的な技法を守り伝える姿は作品の魅力のひとつとなっている。
1983年ユニセフカードに5つ の花の作品「バイオレット(すみれ)」「ラッパ水 仙」「チオノドクサ」「ヒヤシンス」「チューリップ」が選ばれ、ユニセフのニューヨークオフィスやパリの大使館などのアメリカ各地、また、ヨーロッパ各地で展覧会が行われた。


親日家としても知られ、日本では10年以上にわたり各地で展 覧会、サイン会を開催。引退表明後の2014~15年の来日展では多くのファンが 集まり、その人気を不動のものとした。2017年11月永眠。