自身の絵を「水墨ポップアート」と語る岡本肇。
例えば、「七福神」や「富士山」、「達磨」や「招き猫」であったりと、長きにわたり描き継がれてきた伝統の素材を、ポップアートという捉え方で表現。素材目線からのメッセージと共に、招福のおもいを筆に託し、描く。最近ではLINEスタンプ「猫のKabamaru」を発売するなど、常に新しい和テイストの世界探求・発信し続けている。

​作家HP / SNSサイト 

和味文化研究所 岡本 肇

instagram.jpg
岡本 肇
​作品展

​会場SNS

​電話番号

​地 図

会 場

​サイン会

日 程

​展覧会名

作品展

10/15(木)~28(水)

盛岡川徳 5F

アートステーション

​ー

019-652-9450

作品展

10/15(木)~28(水)

仙台藤崎大町館 5F

アートステーション

​ー

022-211-7009

作品展

11/26(木)~12/9(水)

そごう広島店新館 8F

広島ロフト内グラフィックス

​ー

082-511-3261

作品展

福がいっぱい 夢いっぱい

12/23(水)~1/12(火)

新宿髙島屋 10F

インテリアアートギャラリー

​ー

03-5361-1452

《作家略歴》

1942年 大阪生まれ。空間プロデューサーとして活躍。
1986年~ 中国吉林省との文化交流で篆刻(てんこく)書を学ぶ。 
1991年 (有)和味文化研究所を設立。
    新しい和風感覚での生活道具や生活雑貨の商品企画を手掛ける。
1998年 猫のキャラクター「Kabamaru」をデビューさせる。
2007年 Kabamaruたちの自由気ままな生き方を描いたエッセイ
    猫だより「笑ったぶんだけ 楽しくなれる。」(小学館)を出版。

招きねこ・七福神・福助・お多福・干支等々、長きにわたり描き継がれて

きた伝統の吉祥縁起物素材を水墨ポップアートとして表現。
人気キャラクターKabamaru作品と共に全国各地で水墨書画展を開催。
カレンダーや和雑貨の商品企画を行うなど様々な創作活動を展開中。
*水墨画教室「墨童の会」主宰。