下村 優介
hori

自身の手描きの線を最大限に活かした細密なだけではない生命感のある作品を切り出す、切り絵作家、下村優介。 

 

主に墨と和紙を使用し、和を感じさせるモチーフで自分の世界観を表現し続ける堀としかず。

 

この二人の作家による展覧会が開催されます。

 

今までに見たことのない、オリジナルな世界を​どうぞご堪能ください!

​電話番号

​会場SNS

​電話番号

​地 図

会 場

​サイン会

日 程

​展覧会名

​展覧会名

日 程

在廊

会 場

​地 図

​会場SNS

下村優介・hori

二人展 

7/3(水)~7/9(火)

hori:7/6(土)13:00~17:00

下村優介 :7/7(日)13:00~17:00

新宿伊勢丹 本館 6F

アート&フレーム

03-5379-2094

下村 優介​ YUSUKE SHIMOMURA

画像:「​​招き猫」セミオーダーサンプル

《作家略歴》

1988年 大阪生まれ。学生時代はラグビー選手として10年間を過ごした後ラーメン屋を経て、2012年より完全独学で切り絵を始める自身の手描きの線を最大限に活かした細密なだけではない生命感のある作品を切り出している。今までに見たことのないオリジナルな切り絵を求め、制作に取り組んでいる。2014年からは、海外にも活動範囲を拡げ、パリ・ルーブル美術館で開催されたアートフェアには2016年まで三年連続出展をした。
また、アメリカ・スペイン・ニュージーランドなどの地に直接足を運び、現地にて切り絵教室を開催する活動も行っている。

 

《海外出展》
2014年 「Salon Art Shopping Carrousel de Louvre」Paris France
2015年 「Salon Art Shopping Carrousel de Louvre」Paris France
2016年 「Salon Art Shopping Carrousel de Louvre」Paris France

《受賞歴》
2013年 「アートストリーム2013」奨励賞
2014年 「ツムテンカクEX.」奨励賞

2014年からはアメリカ、スペインなどで切り絵教室を開催。

​作家HP / SNSサイト

hori​

《作家略歴》

主に墨と和紙を使用し、和を感じさせるモチーフで自分の世界観を表現。 作品の中に数多く描かれているキャラクターのような生き物は”あらゆるものには命が宿っている”という日本古来の思想から発想を得ている。 妖精や付喪神とも言え、決して悪い生き物ではなく”純粋”であることを言っておきたい。それら生き物の暮らしぶりを想像しながら、幻想的な和の雰囲気を楽しんでいただきたい。

 

《個展歴》

2011年 ART HOUSE「細密心夢」 

2012年 ART HOUSE「ミニュエマ」 

2013年 カワチ画材心斎橋店作品展示 

2013年 glogg「ひつが展」 

2013年 SOZ「omooko」 

2014年 ART HOUSE「倭wa和」

《受賞歴》

2009年 愛媛県立河原学園主催デザイングランプリ奨励賞

2009年 香川ビエンナーレイラスト部門奨励賞

2010年 愛媛県立松山南高校デザイン科卒業制作展優秀賞

2012年 京都嵯峨芸術大学卒業制作展卒業生特別賞

2012年 読書週間イラストコンペ入選

2013年 あかマルシェあしたの箱賞

2013年 アートストリーム大丸賞&ハートス賞

​作家HP / SNSサイト